日記(2016年4月分)


4月14日 -打打打打終-





ポーカー打って負ける度に、このゲームは無理だ、もうやめようを何十回と繰り返してきた。
今回も負け越したがあえて言おう、このゲーム無理だ。

2万ハンド程度しか打ってないが、一生成長しない状態で2ドル卓を打ってたら時間が無駄な気がしてきた。
まぁ大概私のやる事で意味のあるものはほぼないんですが。



エロゲでも買おうかなと思い始めた今日この頃。


4月5日 -打打打打-





8000ハンド前後打ってついに沈んだ。
グラフでは負けてるように見えるが実収支はまだプラス。
手札を4枚から選べるオマハというゲームだと何故かこのソフトの収支がずれる。

今一度各々の線について説明する、と思ったがオマハから説明しないといけないだろう。
今更いらないですか、たった一人でもオマハ人口が増えたら良いなと思い書くことにする。
そしてルールを覚えて勝てるようになったら私に打ち方を教えてください(土下座)。

私が打ってるのは6人テーブルの一番低レートの2ドル卓zoomポットリミットオマハ。通称2PLOです。
各々に4枚の手札が配られ、4枚の中から2枚と、共通ボードに出されていく5枚の中から3枚を選び、
合計5枚のカードを使って役の強さを競うゲームです。簡単でしょう? でもすぐ負ける。
で、ボードに出されるカードは最初に3枚同時に、次に1枚、最後に1枚、と合計5枚順番に出されます。
その合間合間にBETしたり、相手のBETに降りたりするわけですね。

で、上のグラフに戻るわけですが。
青線がボードに5枚全て出された時の収支。ショーダウンと言います。
赤線がボードに5枚出される前の全ての時の収支。ノンショーダウンと言います。
途中でBETで降ろしたり降りたりした場合ですね。
緑線が青線と赤線の収支の合計。つまり実収支ですね。これを見ればいくら勝ってるか負けてるかがわかります。
黄色線がボードに5枚出る前に手持ちの全ての$を賭けた(オールイン)場合の期待値です。
その時点の勝率と掛け金で変動します。
例えばボードに3枚しかカードが出てない時に2ドルのオールインをして勝率が100%で勝利した場合、
緑線と黄色線は同じく2ドル右上がります。
対して同じ状況でオールインして勝率が50%で勝利した場合、
緑線は2ドル右上がり、黄色線は上下しません。勝率が5%とかで勝利した場合は黄色線がすごく右下がるわけですね。

で、このグラフを見るとどういう事が言えるかというと。
前半は良いけど後半相手より弱いハンドでBETして負けまくってるクソ雑魚という事がわかります。
まぁ正直8000ハンド前後では分散酷くて怪しいのですが。
本当の実力はこれよりもっともっと下かもしれませんが数打たないとわかりません。
故にポーカーは破産しないようにひたすら打ち続けるしかないのですが、つい、ね。間違っておかしなレートいくよね。
もう行きませんが。
現状これしか今やってないのでひたすら打ちますが。

あ、でもなんかスロットにゲッターマウスが出たとか。
あれ、近場の店に入ってる。え、機械割り設定1で100%超え。
………うーん。
貸しメダルの価格と換金率の悪さで余裕で100%切ってるけど10万Gぐらい回してこようかな……。
暇あるだろか。


4月3日 -打打打-





5000ハンドちょい打って動き無し。序盤の右上がりはどこ行った。
昨日反省したナッツ以外のツッパで死亡してる感。
EVも収支も上下ウネウネ。セミブラフでBETしないようにしたいところ。


4月2日 -打打-





あまり打てなかったけどちょい下り坂。
特にコメントなし。全く数が足りてない。
ナッツでないのにオールイン突っ込むへたくそなプレイで明らかに収支がガクッと下がる。
我慢して降りる心を持てるかどうか。


4月1日 -打-





しばらく何も考えず打つだけ。
こっから全ての線が右下がりになるはずだ。先生の次回作にご期待ください。
2PLOの底辺は伊達じゃない。

例え−$100になっても更新出来るメンタルが欲しい。




-トップに戻る-