日記(2013年9月分)

9月20日 -何か書くべき事があった気がするが忘れた-

稲刈り始まりました。というか気づいたらもう9月の終わりですか。
あと1ヶ月ちょいでニート街道まっしぐらですか。
除雪関係のバイト誘われてるのでもしかしたら冬休みがなくなるかもしれませんが。

それにしても心惹かれるエロゲがほんと発売されない。今月の月末もスーパースルー。
ログレスもそれほど時間かけてないので何かやってもいいんですが。
稲刈り終わってから考えるか。機械が壊れませんように。


9月8日 -お酒が好きになれない-

いつの間にか9月になってました。
飲みすぎて若干頭が痛いまま日記を書いてみます。あまり最近書けていなかったので。

何を書こうか。タイトル通りの事を少し書いてみようと思ったがもう頭が回らない。
とりあえず8月に買ったエロゲはただの抜きゲーでファンタジーらしさは一つもなくてがっかりと記しておく。
9月発売は何かあったっけ。もう明日見よう。

お仕事のお話し。
結局8月はほぼ仕事らしい仕事しませんでした。暑かっただけです。
最近はずっと雨降ってますがようやく涼しくなってきました。それでも晴れると雨の湿気も混じって暑いですね。
あと2ヶ月もすればハイパーニートタイム突入です。米出荷して大豆出荷したらおわり。
米のある程度の収量をみる坪刈りというのを今日やったのですが、区内で順位は最下位でした。こんなもんだ。
その後の打ち上げで18時から25時まで食って飲み続けました。

私は全く飲めません。おじ様方は言います、酒は飲んで吐かないと強くなれねえぞと。
この言葉の意図は何か。結局のところ飲めるようになって相手をすれという事だ。
社会人は上司に飲め飲めと言われるのだろうと勝手に思ってます。残念な事にそれは農家も同じ。
正直農家は会社よりも人付き合いは薄いと高校の頃から勝手に思っておりました。
農家をやり始めて7年は経っただろうか。もう人付き合いだらけです。
私は会社で働いた事はないけど、会社でやる事の全てが詰まっている気がする。
これをゆくゆくは将来一人でやる事になる。おそらく私は生涯独り身だろう。所詮自分が一番かわいいのだ。
こんな事を考えてたって仕方ない。悩むだけ損。
よほどのお金や土地を持ってるか、親が農家でないと農家なんて始めれない。
そう考えれば私はやろうと思っても始められない職についているのだと。前向きにいこう。
知識と機械とお金さえあれば何だって作れるんだ。何十年後には野菜でもやってみるか。
そんな妄想してたら何だかワクワクしてくるじゃあないか。よく考えたらお金ないわ。

あれ、酒の話しどこいった。もうだめだ頭痛い。
明日起きておトイレで戻してしまう未来だけは嫌だ。
そうだこれだ、お酒の何が嫌かって戻してしまうことだ。
あと運転出来なくなるところか。軽く飲んでも家で大人しくするしかなくなる。
はー、もうお酒ってなんだよ。いいとこなしだ。

もし強くなっても酒が嫌いなら、これほど楽しくないことはない。




-トップに戻る-